The Apostle Saint James the Less

saint james the less
セントジェームスザレス

James, the Lesser or Younger, son of Alpheus, or Cleophas and Mary, lived in Galilee. He was the brother of the Apostle Jude.

He is also called “the Minor”, “the Little”, “the Lesser”, or “the Younger”, according to translation. He is not to be confused with James, son of Zebedee (“James the Great or Elder”).

彼は、聖ヒエロニムスと彼に従った人々によって、本当にイエスのいとことして考えられた、主の兄弟であるジェームズとして特定されています。

  • 小ヤコブは伝統的に、西方キリスト教の暦で5月1日または5月3日に聖フィリップと記念されました。

    伝説によると、彼はヤコブの手紙を書き、パレスチナとエジプトで説教し、エジプトで十字架につけられました。

One of the lesser-known disciples was James. Some scholars believe he was Matthew, the tax collector’s brother. James was a man with a strong personality and one of the fieriest types. Another legend has it that he died as a martyr and his body was sawed into pieces. His apostolic symbol was a saw.

セントジェームス小ヤコブ/初期の生活

St. James the Less, also called James, son of Alphaeus, or James the Younger, (1st century BC Galilee, Judaea, Roman Empire), one of the Twelve Apostles of Jesus.

st. james the less, by el greco, c. 1595, oil on canvas - hyde collection - glens falls, ny
St. James the Less, by El Greco, c. 1595, oil on canvas - Hyde Collection - Glens Falls, NY

聖ヤコブはイエスとのより少ない生活

イエスは、ゼベディーの息子であるジェームズの呼びかけの後、いつか弟子になるようにゼベディーの息子であるジェームズを呼びました。

彼はジョンとピーターと共に初期の教会の柱と見なされ、聖パウロは彼と会い、教会の使命を遂行するための最善の方法について話し合いました。

彼は復活したキリストを最初に目撃した人の一人でした。

ある伝説によると、ジェームズははりつけの後、キリストが戻るまで断食すると宣言しました。よみがえられたイエスは彼に現れ、彼のために食事を用意しました。

セントジェームスザレスライフファクト

7月25日に祝う祝宴であるジェームズという名前の他の使徒との混乱を避けるために、ジェームズには「ザ・レス」というニックネームが付けられました。

これは、彼が「グレーター」として知られる他のセントジェームスよりも若かったことを意味すると私たちは信じています。アルファエウスの息子はジェームズ・ザ・レスでした。

イエスが十字架につけられた日、彼の母親は十字架でメアリーのそばに立っていました。

小ヤコブは、イエスの昇天後、エルサレムでの教会の成長の重要な部分になりました。

伝統によれば、彼は西暦50年に初代教会であるエルサレム会議の重要な集会を主宰しました。

聖パウロ、聖ペテロ、および他の教会の指導者たちは、異邦人またはユダヤ人ではない人々がイエスの追随者になることができるかどうかについて話し合うためにこの時に集まりました。

ジェームズは注意深く議論に耳を傾け、教会がすべての人に開かれていること、そしてすべての人々がイエスの追随者

小ヤコブの業績

"hendrik goltzius, saint james the less, probably 1589, engraving, rosenwald collection, 1943.3.9396"
"Hendrik Goltzius, Saint James the Less, probably 1589, engraving, Rosenwald Collection, 1943.3.9396"

イエス・キリストは、手で弟子になるためにジェームズを選びました。彼がいたエルサレムの上の部屋にいる with the 11 disciples after Christ ascended to heaven. He could have been the first disciple to see the risen Christ.

Even though his achievements are unknown to us today, James may simply have been overshadowed by the more prominent disciples. Even so, being named one of the twelve was no small feat.

彼の最も重要な行為は、ユダヤ人出身のクリスチャンと異教徒出身のクリスチャンとの間の論争の的となった関係への彼の介入でした。

この点で、彼はピーター改宗した異教徒にモーセの律法のすべての規範に従う義務を課す必要のない、キリスト教の元々のユダヤ人の側面を克服する、あるいはむしろ統合すること。

使徒言行録は、ジェームズによって正確に提案され、出席しているすべての使徒によって受け入れられた妥協の解決策を私たちのために保存しました。神々にとって、そしておそらく不規則な夫婦の組合をほのめかしている「不適切」という言葉から、それは非常に重要であるとされているモーセの律法のいくつかの禁止事項を守ることの問題でした。

聖書の小ヤコブ

ヤコブはアルファエウスの息子でした、ヤコブ大王はゼベダイの息子でした(マタイ10:3;マルコ3:8;ルカ6:15)。 5世紀の神学者ジェロームと1世紀のヒエラポリスの司教パピアスによると、彼の母親はクレオファスのマリア(イエスの母親の姉妹)でした。

彼はまた、ジュード・サデウスの兄弟であり、おそらくイエスの兄弟の一人であると特定されました(ガラテヤ人への手紙第1章19節によると、ジェロームによると)。

Only a few verses in the Bible mention James the Lesser and what he did for the early church. He was one of the disciples who witnessed Christ’s resurrection (1 Corinthians 15:7), a confidante of Peter when he was on the run from Herod Agrippa (Acts 12:17), and later rose to prominence in the church along with the other apostles (Acts 15; 21:18; Galatians 2:9). He was also credited as the writer of the Epistle of James.

saint james the lesser
セントジェームスザレッサー

セントジェームスの弱点は少ない

他の弟子のように、ジェームズは主を捨てました彼の裁判とはりつけの間。

セントジェームスザレスライフレッスン

小ヤコブは12人の中で最も知られていない人の一人ですが、これらの男性のそれぞれが主に従うためにすべてを犠牲にしたという事実を見逃すことはできません。ルカによる福音書第18章28節で、彼らのスポークスマンであるピーターは、「私たちはあなたに従う必要のあるものをすべて残しました!」と言いました。 (NIV)

rembrandt the apostle james the less
Rembrandt The Apostle James the Less

小ヤコブの死

アルファエウスの息子であるヤコブをヤコブ(イエスの兄弟)とつなぐと、彼が説教していた神殿の頂点から押し出され、殴打されたことがわかります。フラーのクラブ、そして石打ちで死ぬ

芸術では、アルファエウスの息子であるジェームズは、一般的にフラーのクラブで描かれています。これは、彼がジェームズ・ザ・ジャストと同じ人物であるという教会の信念を反映しています。

しかし、アルファエウスの息子であるヤコブがエジプトで説教した伝統によれば、彼はオストラカインの町で十字架につけられました。

“On the Twelve Apostles of Christ”, Hippolytus, a theologian who lived in the second and third centuries, allegedly recorded James’ death:

「そして、エルサレムで説教したとき、アルファエウスの子ヤコブはユダヤ人に石打ちで殺され、神殿のそばに埋葬されました。」

This is the same death that tradition attributes to James, Jesus’ brother, but scholars have little reason to believe “On the Twelve Apostles of Christ”.

このテキストは19世紀に発見され、ほとんどの学者はそれが偽典(誰かによって書かれたと誤って主張する文章)であると信じています。

その結果、アルファエウスの息子であるヤコブを取り巻く曖昧さと未知数は、彼がどのように、どこで死んだのかを私たちが知ることを妨げています。

しかし、十二使徒の大多数が殉教したので、ジョンのようなあまり知られていない弟子の一人が老齢で亡くなったとしたら、それは驚くべきことです。

彼らは家族、友人、家、仕事、そしてキリストの呼びかけに従うために知っているすべてのものをあきらめました。

神のために並外れたことをしたこれらの普通の人たちは、私たちの役割の模範となりました。彼らはクリスチャン教会の基礎を築き、世界中に急速に広まった運動を開始しました。今日、私たちはその運動の一部です。

v0033577 saint james the less and saint christina. colour lithograph credit: wellcome library, london. wellcome images images@wellcome.ac.uk http://wellcomeimages.org saint james the less and saint christina. colour lithograph by n.j. strixner, 1829, after lucas van leyden. published:  -  copyrighted work available under creative commons attribution only licence cc by 4.0 http://creativecommons.org/licenses/by/4.0/
V0033577 Saint James the Less and Saint Christina. Colour lithograph Credit: Wellcome Library, London. Wellcome Images [email protected] http://wellcomeimages.org Saint James the Less and Saint Christina. Colour lithograph by N.J. Strixner, 1829, after Lucas van Leyden. Published: - Copyrighted work available under Creative Commons Attribution only licence CC BY 4.0 http://creativecommons.org/licenses/by/4.0/

セントジェームスザレスキーテイクアウト

アルファエウスの息子である使徒ヤコブは、ヤコブ小ヤコブまたはヤコブ小ヤコブとも呼ばれていました。彼は、最初の使徒である使徒ヤコブとヨハネの兄弟と混同されるべきではありません。

新約聖書には、3番目のジェームズがいます。彼はイエスの兄弟であり、エルサレム教会の指導者であり、ヤコブの本の著者でした。

12人の弟子のすべてのリストには、常に9番目にリストされているJames ofAlphaeusが含まれています。

使徒マタイ(キリストの追随者になる前の徴税人であるレビとして知られている)は、マルコ2:14でアルファエウスの息子として特定されていますが、学者たちは彼とジェームズが兄弟であったことを疑っています。二人の弟子は福音書で決して言及されていません。

まとめセントジェームスザレス

最初のカトリック書簡の著者である聖ヤコブは、クレオパのアルファエウスの息子でした。彼の母マリアは、祝せられたおとめの姉妹または近親者でした。そのため、ユダヤ人の習慣によれば、彼は主の兄弟と呼ばれることもありました。

使徒はエルサレムの初期キリスト教共同体で際立った地位を占めていました。聖パウロは、彼がキリストの復活の証人であったと語っています。彼はまた、聖パウロが福音について相談した教会の「柱」でもあります。

According to legend, he was the first Bishop of Jerusalem and attended the Jerusalem Council around the year 50. The historians Eusebius and Hegesippus wrote, St. James, was martyred for the Faith by the Jews in the Spring of the year 62, although they greatly admired his person and had given him the surname “James the Just.”

彼は常に彼の名を冠した書簡の著者と見なされてきました。

書簡の言語、スタイル、教えに基づく内部証拠は、その著者が旧約聖書に精通しているユダヤ人であり、福音の教えに完全に基づいているクリスチャンであることを明らかにしています。教会の初期の教父と評議会からの外部の証拠は、その信憑性と正統性を確認しました。

資力

トップにスクロールします miniOrangeで保護